<返金規定>

当事務所では、お客様にご依頼いただき、申請したにもかかわらず、

万が一不許可になた場合は、無料にて再申請状況により再々申請まで行います

ですが、最終的な結果が不許可の場合は、費用は全額をご返金いたします。

<全額返金できない場合>

下記のお客様の責任により不許可となった場合、ご返金はいたしかねます。

・不利益な事実を隠していた事が判明した場合

・事実を隠し、虚偽の内容で申請した場合

・申請中の犯罪を犯した場合

・複数回の軽微な交通違反

・年金、健康保険料、その他税金の未払い又は支払いに遅延がある場合

・入国管理庁、法務局、当事務所の指示に従った書類提出に協力しない場合

・申請後の失業などにより大幅に収入が下がり生計を維持できなくなった場合

・お客様のご都合により、保証人の用意ができなくなった場合

・お客様のご都合により、結果出る前の申請の取り下げをした場合

・お客様のご都合により、許可が取得できるにもかかわらず、再申請及び再々申請をしない場合

・永住、帰化の審査期間中にご自身で申請した各種在留資格申請が不許可になり、本邦に滞在できなくなったことで申請が継続できなくなった場合(当事務所が当該申請を代行した場合を除く)

​・ご自身で更新手続きをして在留期間が1年になった場合

・申請前にお客様の状態では許可が取れない確率が高いとお伝えした場合にもかかわらず、申請代行を希望されるお客様の場合

・ビザ申請書類チェックサービス【ライトプラン】をお申し込みされた場合

​【就労】

・ご依頼後に弊社が知らない不利益な事実が判明した場合
・ご依頼後に学歴または職歴が基準に満たないことが判明した場合
・ご依頼後及び申請中の犯罪行為
・税金の未払い(会社側の法人税などと外国人社員側の住民税などの双方)
・弊社又は出入国在留管理局の指示に従った書類提出、対応に協力しない場合
・結果が出る前の依頼の中止や申請の取り下げ(入社辞退、採用中止)
・お客様のご都合により、再申請もしくは再々申請によって許可の取得ができるにもかかわらず、再申請及び再々申請をしない場合
・ご希望の入社時期までに在留資格の許可が得られなかった場合(弊社の故意または重過失による著しい業務の遅延があったときを除く)