永住許可申請

​↑これでわかる!永住申請の基本要件(日本語)

​↑これでわかる!
 自分で永住申請
する時の永住申請の流れ(日本語)

お問い合わせ
まずお気軽にお問い合わせください!​

(初回相談は無料)

◎お問合せは

​お問合せフォームへ

(日、祝日を除く、2営業日以内にお返事します)

 

◎お電話はこちらへ

(日本語・中国語OK)

TEL:070-8431-6397
◎WeChat(微信)・LINEはこちらへ
(日本語・中国語OK)
Wechat:GlobaLinX​
LINE:globalinx

Glaobalinx WC.jpg
Globalinx Line.jpg

​↑これでわかる!
 行政書士に依頼する場合の永住申請の流れ(日本語)

永住権取得について

 「永住権」とは、在留資格の1つ「永住者」のことです。永住権を有する外国人は、在留期間の定めなく日本に滞在することが認められています。
また、永住権には活動制限がないので、職種・業種を問わず、日本においてあらゆることの従事することができます。

​ ただし、帰化と異なり、国籍は本国のままで、犯罪行為など犯したり、長期的に海外に移住された場合、取り消しされる可能性があります。

 永住権取得の要件

 (1)素行が善良であること

 法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること。

 法務省が作成した永住権に関するガイドラインには「日本の法律を遵守し、日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること」と定められています。

 窃盗や強盗などの犯罪行為はもちろん、スピード違反や飲酒運転などの交通違反でも、何度も繰り返していると素行が善良ではないと判断される可能性があります。

(2)独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

 日常生活において公共の負担にならず,その有する資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること。

 ガイドラインには「日常生活において公共の負担にならず、その有する資産または技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること」と定められています。所有資産や職業・年収をチェックし、継続的に安定した生活を送ることが見込めるかどうかが判断基準となります。永住権の申請者の職業や年収だけでなく、配偶者や家族の資産状況を含めて判断されます。

(3)その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

ア 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし,この期間のうち,就労資格(在留資格「技能実習」及び「特定技能1号」を除く。)又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。

 例えば、日本に10年以上継続して在留しても、6年以上が就労資格や居住資格ではない「留学生」の在留資格の場合は、条件を満たすことはできません。

イ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。公的義務(納税,公的年金及び公的医療保険の保険料の納付並びに出入国管理及び難民認定法に定める届出等の義務)を適正に履行していること。

 罰金刑や懲役刑などを受けていたり、納税義務などの公的義務を履行していない場合、永住許可申請が認められない可能性があります。 また、年金や国民健康保険料の納付義務、出入国管理などの届け出義務についても証明する必要があります。

ウ 現に有している在留資格について,出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。

現在の在留資格で認められている在留期間が最長になっていることも条件の1つです。 多くの在留資格では、最長の在留期間が5年に設定されています。場合によって、3年の在留期間を有していれば、最長の在留資格だとみなされる可能性もあります。

エ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

感染症に感染していないかなど、公衆衛生上、有害となる恐れがないことも条件の1つです。 また、感染症や中毒だけでなく、家がゴミ屋敷になっている場合なども、公衆衛生上の観点から審査に影響する可能性があります。

永住権申請の料金(税込66,000円~

​人気No1!スタンダードプラン
お客様はリストアップされた必要書類をご用意いただきます。
当事務所にて書類の不備や問題がないかをしっかり確認させていただき、申請代行を行います。
1 永住申請手続き全般に関する総合的なコンサルティング&相談無制限
2 個人に合わせた必要書類のリストアップ
3 永住ビザ申請書類一式作成
4 申請理由書の作成(この書類を的確に作成できるかどうかが審査結果に大きく影響を及ぼします。)
5 各種契約書のチェック・作成
6 本国書類の日本語翻訳(中国語・英語対応) ※翻訳者署名付き
7 出入国在留管理局への申請代行
8 入管審査官からの質問状・事情説明要求・追加提出資料への対応代行
9 結果通知の受取り
10 成功
報酬制度対象
【 お客様がすること 】
• 当事務所の指示に従いビザ申請の役所関係の書類を集めて当事務所へ郵送か持参。
(お客様の状況に合った書類を整理してリストをお渡ししますので効率的に集められます。)

※本国書類の日本語翻訳(中国語対応)
※中国語以外の場合は別途お見積もりをいたします。

※許可時の印紙代は別途発生いたします。

​安心No1!プレミアムプラン
申請書類作成も申請代行もすべて当事務所で行います。

1.永住ビザ申請手続き全般に関する総合的なコンサルティング&相談無制限
2.個人に合わせた必要書類のリストアップ
3.必要書類の収集代行(日本の役所関係を全部)区役所・市役所、法務局、税務署が可
4.永住ビザ申請書類一式作成
5.申請理由書の作成(この書類を的確に作成できるかどうかが審査結果に大きく影響を及ぼします。)
6.各種契約書のチェック・作成
7.本国書類の日本語翻訳(中国語・英語対応) ※翻訳者署名付き
8.出入国在留管理局への申請代行(1 回目出入国在留管理局へ)
9.入管審査官からの質問状・事情説明要求・追加提出資料への対応代行
10.定期的な審査状況の進捗具合確認
11.結果通知の受取り
12.在留カードの受取り(2 回目出入国在留管理局へ)
13.成功報酬
制度対象

※本国書類の日本語翻訳(中国語対応)
※中国語以外の場合は別途お見積もりをいたします。

※許可時の印紙代は別途発生いたします。

手頃な価格No1!ライトプラン
お客様ご自身での書類の作成や収集を行なっていただき、ご不安のある内容について個別指導し、申請可能な状態に書類を揃うことができるまでにサポートします。
1 個人に合わせた必要書類のリストアップ
2 書類の収集と作成が終わった段階でのビザ申請書類一式と添付書類の総チェック&コンサルティング
【1回のみ】
3 ビザ申請手続き全般に関する総合サポート

申請以降の追加対応、結果受取もお客様ご自身でご対応いただきます。
成功
報酬制度対象外
※行政書士の書類作成と翻訳、出入国在留管理局申請代行は含みません。
※このプランは全額前金です。

​永住ビザ申請の関連動画
↓これでわかる!永住を取るには必要な年数(日本語)
↓これでわかる!永住申請時の独立生計要件(日本語)
↓永住申請不許可の原因TOP10(日本語)
↓永住申請不許可の原因TOP10(中国語)
小红书.png
youtube.png
bilibili.png
facebook logo.jpg

 小紅書 
主な配信内容:許可事例紹介、各種在留資格(ビザ)
申請情報、各種在留資格(ビザ)申請時の注意点、「行政書士」「宅建士」の資格取得について等
​言語:中国語(メイン)・日本語

Red截图.png

 YouTube 
主な配信内容:各種在留資格(ビザ)
申請情報、各種在留資格(ビザ)申請時の注意点、「行政書士」「宅建士」の資格取得について等
​言語:日本語・中国語

 bilibili 
主な配信内容:各種在留資格(ビザ)
申請情報、各種在留資格(ビザ)申請時の注意点、「行政書士」「宅建士」の資格取得について等
​言語:中国語(メイン)

 facebook 
主な配信内容:各種在留資格(ビザ)
申請情報、各種在留資格(ビザ)申請時の注意点、事務所最新情報など
​言語:日本語(メイン)

(HP用)New電話相談予約.jpg