(経営管理ビザ)第1回 海外から経営管理ビザの取得できるか?

 


 海外に住んでいる外国人が日本の会社の代表取締役を就任して、経営管理ビザを取得することができます。一般的に、下記2つのパターンがあります。


①500万円以上出資した場合

 許可を得るために、資本金500万の出所、事務所の確保、詳細な事業計画書作成など重要です。


②金銭の出資なしで、雇われ社長として就任した場合

 この場合は、既に日本に会社があると思います。申請人が3年以上の会社の経営や管理の経験があること、またそれを証明できることが必要です。

金銭の出資なくても、本国に親会社があり、しっかりした経営基盤がある場合は証明ができれば、許可が出やすくなります。


 経営管理ビザの審査期間は、申請が受理されてから1か月~3ヶ月かかります。ただし、審査期間中に入国管理局から追加書類提出通知が来たり、入国管理局が忙しい時期には3カ月以上の審査がかかる場合もあります。


 また、短期滞在ビザを持っていると、ある程度は日本まで自由に行ったり来たりできます。ただし、短期滞在ビザはあくまでも、滞在期間中の商談・契約・会議・業務連絡等に限定されます。短期滞在ビザのままでは、日本に会社を持つことはできますが、役員報酬をもらわないなら特に問題ありませんが、役員報酬をもらいながら経営活動をする場合は、速やかに経営管理ビザを取得する必要があります。

 

初回相談は無料です。

ご予約はこちら↓

https://www.globalinx-japanvisa.com/contact


関連記事

(経営管理ビザ)第2回 合同会社設立の基本流れ

(経営管理ビザ)第3回 株式会社設立の基本流れ

(経営管理ビザ)第4回 経営管理ビザが不許可になる理由

(経営管理ビザ)第5回 経営管理ビザ更新時の注意事項

(経営管理ビザ)第6回 資本金の出所証明について

(経営管理ビザ)第7回 配偶者や子供の(家族滞在)ビザを同時に申請できるか?